経験した現場のストレス度ランキング!やはり現場次第【ビルメンブログ】

僕がビルメンとして今までに経験した現場は下記の4つです。

 

〇オフィスビル常駐

〇複数施設巡回

〇本社勤務

〇病院常駐

 

今回はこの4つの現場のストレス度をランキング形式にして紹介したいと思います!

その前にビルメン3大激務現場と呼ばれている現場はご存知でしょうか?

まぁビルメン界隈では常識になっているので知っている方がほとんどだと思いますが(笑)

 

〇病院

〇商業施設

〇ホテル

 

この3つですね。

そして僕は今、病院に常駐しています。

果たして病院常駐は何位!?やっぱりダントツで1位!?

気になりますか?

気になりますよねぇぇぇぇ!?

 

それではストレス度ランキング発表です!!

 

①オフィスビル常駐(ストレス度100%)

②本社勤務(ストレス度90%)

③複数施設巡回(ストレス度75%)

④病院常駐(ストレス度60%)

 

 

こんな感じです!

え?楽って言われているオフィスビルが1位で激務って言われている病院が4位!?

驚く方も居るかも知れません。

ビルメン3大激務現場はビルメン業界の常識なのは間違いありません。

しかしそれ以上にビルメンは現場次第という事はそれ以上に常識だという事です。

 

①オフィスビル常駐時代は本当にきつかった

その現場はオーナー側の社員の方々と同じ空間で仕事をしなければいけませんでしたし、

電話、窓口対応、事務作業の量が半端じゃなく仕事中は常に気を張っていなければなりませんでした。

明らかにこちらの範疇じゃない仕事を押し付けられる事も良くありました。

ちなみに僕の後任としてビルメン3大資格(電験3種、エネ管、ビル管)を全て持っているベテランの方が入ってきたんですが1週間で辞めてしまいましたからw

それだけ異常な現場だったという事です。

後に上司も精神的に病んでしまって退職しています。

 

 

②オフィスビル常駐の次に辛かったのが本社勤務

これは一般的なビルメンの仕事というより現場管理の仕事ですね。

オーナー側との折衝業務、工事の立会い、段取り、見積書、請求書の作成。

お金関係の処理もあるのですごく気をつかいました((+_+))

しかもこのオーナー側の責任者の方が恐ろしい人で。。。

怒鳴られたり、怒鳴られたり、怒鳴られたり(笑)

本社勤務は2ヶ月間ぐらいでしたがこれ以上続くと精神的にやばかったです。。。

ちなみに僕が本社から離れた後、このオーナー側の責任者の方、パワハラで飛ばされたみたいです( ̄▽ ̄;)

 

 

③複数施設巡回は担当する現場の数だけリスクがある

現場毎に法定点検がありますし、点検漏れ、報告書漏れなどがあれば大変な事になりますからね。

勿論、僕一人で全ての施設を見ていた訳ではなく同じ班の人と手分けして巡回していました。

幸い、オーナー側との折衝業務や修繕計画などの面倒な作業は班のリーダーがやってくれていたので助かりました。

しかし各現場の巡回は基本的には一人なのでいつもトラブルが起こらないでくれと祈りながら巡回していました(笑)

トラブルが起こった時は電話で同じ班の人に聞きながらなんとか対応していました。

ただ、何もなければそれなりに空き時間も出来たので点検、検針が終わった後は電気室などでゆっくりしていました。

 

 

④病院常駐勤務は毎日色々なトラブルが起こる

建物の老朽化が進んでいる為、何もない日はほとんどありません。

夏場はエアコン系のトラブルが多いのでかなり忙しかったです。

しかしこの現場は人数に余裕があるので一人当たりの負担はそれ程大きくはないのです。

例えば1日10件トラブルがあったとしても5人居れば一人当たりの対応件数は2件で済みます。

冬場になってくると夏に比べてトラブル発生数がガクっと減ります。

なので今の労働時間に対する稼働率は30%ぐらいです。

夏場でも70%~80%ぐらいでした。

オフィスビル常駐の時はガチで稼働率100%でしたからそれに比べれば体は全然楽です。

しかし良い事ばかりではありません。

病院という事はトラブルが人の命に直結する事もあり得ます。

更に宿直勤務は一人体制です(厳密にいうと別の部隊に一人居ますが)

宿直勤務の時は緊張状態が続くのでストレス度合いも上がります。

パーセンテージで言うと85%ぐらいでしょうか。

今の時期はトラブルも減って日勤の時は余裕ですが今後はどうなるか分かりません。

あくまで現時点での評価です。

 

まとめ

さて、ここまで長々と駄文を書き殴りましたがビルメンは現場次第だという事を身をもって知った訳です。

ちなみに僕は官公庁の現場も選択肢にありましたが除外しました。

理由はここの責任者の方が相当面倒な人で何人も潰されているからです。

仕事自体は楽みたいですがやはり人間関係も重要な要素です。

仕事も楽、人間関係も良好なんて職場そうありませんよ。

それでもビルメン3大激務現場は避けるべきだと思いますしオフィスビルや官公庁系の現場を狙うのは正しいと思いますが過度な期待をすると痛い目を見る事もあるという事です。

皆さんの会社選び、現場選びの参考になれば幸いです。

経験した現場のストレス度ランキング!やはり現場次第【ビルメンブログ】” に対して1件のコメントがあります。

  1. いつものビルメン より:

    >>明らかにこちらの範疇じゃない仕事を押し付けられる事も良くありました。

    最近はコンプライアンスがデンデンでこれしないようにしましょう
    ということで、うちの現場ではこれはなくなりましたね
    ただ、それではということで請け負う範囲を広げてやりましょう
    なんてこちら側から言い出す例もあるので、いまは良いからこのまま
    なんてことも無いんですよね

    書かれていますように当たりハズレでいちばん大きいのは発注側の
    担当者ですね。ランキングもいかようにも変えてしまうほどに

    1. 孤高の童貞 より:

      向こうから言われた事を安易に引き受けるとどんどん仕事増えていっちゃいますからね(-_-;)
      一度でもすれば「前はしてもらった」となりますし。。。
      この業界に限らず、人間関係のストレスというのは職場の大きなストレス要因ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。