消防設備点検がややこし過ぎて無事死亡【ビルメンブログ】

今日は某現場の消防設備点検に行って来ました。

ちなみに複数日に渡って実施するので今日が初日です。

初日の作業は主に消化ポンプの点検でした。

1つの建物の中に消化ポンプは2台あり

消火栓系統とスプリンクラー系統に分かれています。

現場の敷地内には複数の建物があるので

勿論、建物の数だけ消化ポンプもあります。

上司が指揮をとって新人さん2人と僕と応援の方が1人で実施しました。

正直、予想以上に大変でした(;´Д`)

消防の点検業者がする事を自前でやっている訳ですから

大変なのは当然ですね・・・。

実際に消化ポンプを動かして正常に動くかテストするんですが

老朽化が進んでいて改修もしていないので

配管が腐食していて穴が開いている所もありました。

すごい勢いで水が「ブシュー!!」と吹き出したりして

かなりカオスでした(;´Д`)

毎度、やる度に水漏れ箇所が増えているらしいです。

近年中に建て替える予定がある様なので改修したくないんでしょうね。

 

今日の消防設備点検でまた仕事を続けていけるか不安になってきました。

点検する箇所も多く、操作手順も中々頭に入らなかったです。

上司から説明があっても中々理解する事が出来ませんでした。

新人さん2人はある程度理解している様でした。

頭が悪いというのはやはり辛いですね。

とりあえず今から復習してノートに手順をまとめようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。