身の丈にあった仕事をするべきだと思ってきた

僕は今の職場に入って自分の頭の悪さを痛感しています。

今日も引き続き消防設備点検の続きの作業でしたが

良いところ無しでした。

他の人が1回の説明で理解出来ているのに自分は理解出来ない。

勿論、その都度聞いたりメモを取ったりはしていますが

中々辛い状況ですね。

そもそも僕がビルメン業界で働こうと思った理由は

どうせ働くなら正社員で就職したかったという事と

ネットで比較的仕事内容は楽だと言われていたからです。

しかし実際は設備に関する知識も必要ですし

コミュ力も必要で要領の良さも必要なのです。

今はオーナー側との折衝業務は全てリーダーがやってくれていますが

いつかはやらなければいけない時が来るでしょう。

正直、出来る自信がありません。

僕には正社員として働く能力は無いのでしょう。

身の丈にあった仕事を選ぶべきだったのかもしれませんね。

ルーチンワークのバイトなら自分にも出来ると思います。

無理して出来ない仕事をするよりも

自分の能力に見合った仕事をする事が大切だと思います。

 

とはいえ、せっかく資格を揃えてビルメン業界に入った訳ですから

まだ辞めるつもりはありません。

仕事が出来る様に努力はするつもりです。

それでも駄目だった場合は上記の理由から

正社員として就職する事は諦めてバイトでもしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。