コージェネ&ボイラーが警報出てW緊急停止し大慌て【ビルメンブログ】

今日の午前中は本当に大変でした(;´Д`)

朝の8時30分頃に警報が鳴って

確認するとコージェネとボイラーが緊急停止している!!

これはやばい!!

ボイラーとコージェネは同じグループで管理しているので

コージェネが止まるとボイラーも止まる様になっています。

コージェネの制御盤を見ると「発電機軸受温度高」のランプが点灯している。

警報復帰ボタンを押すと一応復旧したが問題の解決にはなっていないので

点検業者に見てもらわないといけない。

ちなみにコージェネは別に動いてなくても支障はありません。

真夏はチラーを動かすので運転させる必要がありますが

もう暑さも落ち着いた為、チラーは停止しているからです。

それなのになぜ動かしているかというと契約で年間運転時間が決まっているからです。

もし契約している運転時間に届かなかったら違約金が発生します。

なので必要ないのに動かしている訳です。

(特殊な現場なんです^^;)

問題はボイラーです。

これは絶対に動いていないとまずいですから。

コージェネ復旧してボイラーリセットしても起動しない・・・!

なぜだ・・・!やばい、やばいぞ!!

即戦力さんに電話でSOS。

すると給、排気ファンが動いていないとボイラーは動かない様になっている様です。

警報が出たと同時にファンも止まっていました。

ファンを動かすとボイラーが動きました!!

本当に即戦力さんに助けられましたね。

地震の時に感震器が作動しボイラーが止まった時と同様で

ボイラーの付随設備もしっかりと見ないといけないなと反省((+_+))

 

そんなこんなで午前中はバタバタしましたが

午後からの現場はトラブルもなくまったり巡回する事が出来ました。

なんとか1日乗り切れました。

残りの時間はまったり過ごそう。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。