ブログで顔出しするメリットとデメリット【特定身バレのリスク】

僕自身こうやってブログを運営している訳ですが

勿論、他の方のブログを見たりしますし

中には毎日見ているお気に入りのブログもあります。

そしてその中には顔出しをしている方もいます。

これはすごい勇気がいる事だと思いますね。

そこで顔出しのメリットとデメリットについて考えてみようと思います。

まずは顔出しブロガーのメリットから(親近感を与えるetc)

一番は読者の方に親近感を与える事ではないでしょうか。

Youtubeとかで実況動画をあげていたりすると声も分かりますし

人柄もある程度伝わってくるので親近感が湧きますね。

顔を出している事で得られる信用もあるでしょう。

あとはルックスに自信があれば異性のファンも獲得出来るかもしれません。

特に女性ブロガーだと鼻の下を伸ばした男共がわんさか釣れそうですw

僕自身日頃見ているブログ主さんがどういう顔しているのか気になりますからね。

自分の事卑下しているクセに実はイケメンだったりするんじゃないのという疑念があったりw

まぁどういう人が書いているか想像するのも楽しいですけどね^^

次に顔出しブロガーのデメリット(特定、身バレのリスクetc)

やはりこれは見た目に対しての誹謗中傷を受ける事と

特定、身バレのリスクですね。

見た目のコンプレックスを誹謗中傷されるとやはり傷つきますよね。

とにかく人を叩きたいって輩は一定数いますから

そういう輩にとっては格好の的になってしまいます。

そして不特定多数に公開している訳ですから特定、身バレのリスクは常にあります。

職場の同僚、学校の同級生、友人、知人に特定されてしまうと

内容によっては非常にまずい事になりますからね。

悪口を書いていたりいたら大変ですw

そうなると現実世界の人間関係も崩れてしまいますしブログ運営もやりにくくなるでしょう。

顔出しする場合は書く内容も慎重に考える必要がありますね。

 

そんな僕が今後顔出しをするかどうか

これは今のところ考えていません。

以前、帽子、マスク着用で観覧車に乗った実況動画をあげましたが

それが限界ですねw

まぁ帽子は外しても良いけどマスクは取れないw

やはり上記で書いたデメリットを考えてしまいますね。

そういえば結局Youtubeの実況動画あれから撮ってないですね(;^_^A

だって喋れないし、そもそも人前で自撮りしながら喋る勇気がないw

先日、箕面の滝に行きましたが実況慣れしている人だと

「皆さん!見て下さい!!この真赤に染まった紅葉を!!」

「素晴らしい景色です!感動します!!」

とか人前でする訳じゃないですか。

もうすごい勇気だと思います。

どんな鋼のメンタルしてるんだよって感じですw

奈良県天川村のみたらい渓谷とか北海道の滝野すずらん公園に行った時は

ほとんど人が居なかったので今後そういうシチュエーションがあれば

また実況動画を撮る事があるかもしれませんね。

ブログで顔出しするメリットとデメリット【特定身バレのリスク】” に対して1件のコメントがあります。

  1. 石見変人 より:

    毎度、無職童貞です。
    孤高さんがどんな顔をされているか、およその見当は付きます。
    私は、ブログで顔出しは絶対にできません。
    可愛い可愛いドールちゃんが台無しになりますwww

    私が、どんな容姿をしているか説明します。
    まず、身長180cm弱、体重約90㎏、無駄にデカいです。
    幸い、腹は突き出ていませんので、アンコ型の体型ではないと思います。たぶん。
    あと、これまでに周囲から似ていると言われた芸能人、有名人は以下の通りです。
    自分では全く似ていないと思っていますが。
    孤高さんの世代では、恐らく知らない人物ばかりと思いますので、ググってみて下さい。

    小西博之(俳優 欽ちゃんのお弟子さん)
    北尾光司(元格闘家 元横綱双羽黒)
    渡辺徹   ヤダヽ(o`皿′o)ノ

    でぶばっか…  ヤダ o((>□□<))o ヤダ

    一番カッコいいところでも
    チョウ・ユンファ(香港の映画俳優)

    想像してみて下さい。

     

    1. 孤高の童貞 より:

      まぁ漫画カメラで撮った画像を素材として使っているので実質顔出しみたいなものですしねw
      石見変人さんめちゃくちゃガタイ良いんですね。
      身長180cm以上は羨ましいです。
      似ている有名人で察するに割と濃いめの顔立ちなんですね。
      僕は逆に薄い顔立ちですね。平たい顔族ですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。