うつ病治る人と治らない人の違いって何なんだろう【治療の効果の個人差】

今日の朝も寝起きの精神状態は良くなかったです。

恐らく明日の朝は更にひどいものになるでしょう。

今は少しマシですが気分は晴れません。

新しい職場への初出勤というものは何度経験しても慣れません。

とにかく今日は22時頃には布団に入ろうと思います。

そして朝は早めに起きる。

現状、出来る対策はこれぐらいですね。

そして昨日心療内科に行けなかったと記事に書きましたが

自分の中で本当に心療内科での治療って効果あるの?って疑問があります。

芸能人でも鬱病になって治療の結果完治して復帰した人って結構居るじゃないですか。

パッと思い浮かぶのはナイナイの岡村や丸岡いずみでしょうか。

彼らは治療をして効果があったという事になります。

でも同じように鬱病を含む精神疾患で長年心療内科に通っているにもかかわらず現在も苦しんでいる方も居ますよね。

他のブロガーさん見ていると治ってない人の方が多い気がします。

治る人と治らない人の違いって何なんでしょうね。

医者の違い?環境の違い?薬の違い?

個人的には環境の違いが大きい気がしますね。

経済的な余裕があったり支えてくれる人の存在など。

あとストレスの原因が何なのかも重要な気がしますね。

仕事で著しいストレスを感じている場合はどんな治療をしても仕事を辞めない限りは回復しないと思いますし。

僕は今まで精神に作用する薬を服用した事はありませんがその薬を飲む事によって楽になれるなら服用する事にあまり抵抗はありません。

しかしその一方で副作用が強く出てしまう事もあるみたいですね。

吐き気や眠気、めまい等。

楽になりたいから薬を服用するのに逆に副作用でしんどくなってしまうと本末転倒です。

でも飲まないと副作用が出るか分からないですからね。

診察の結果、自分にどういう薬が処方されるか分かりませんがまずは試してみようと思います。

効果がなかった時の事は・・・・・今は考えない様にしよう。

うつ病治る人と治らない人の違いって何なんだろう【治療の効果の個人差】” に対して1件のコメントがあります。

  1. 石見変人 より:

    毎度、無職童貞です。
    私の診断名は適応障害ですが、参考までに、私の状態を説明します。

    私は、退職という最終手段を使いました。
    よって、職場でのパワハラによるストレスは完全に無くなりました
    しかし、十数年に渡って不眠が続いたため、
    処方されている睡眠導入剤、改善剤が無ければまともに寝られません。
    あと、収入や生活の不安、職場で受けた言動が突然思い出される事などで、
    興奮状態になったり、激しい蕁麻疹が現れるといった症状が出ます。
    これらは、頓服薬や、抗アレルギー剤で抑えています。
    なので私は、完治させるのではなく、生涯にわたって症状を
    コントロールするという考え方でいます。
    治療法はその人によって違います。
    貴方の訴えにしっかりと耳を傾ける先生に診てもらってください。

    あと、副作用ですが、私は性機能障害が出ています。
    自〇発電が全くできなくなりました。
    常時賢者モードです。
    しかし、これは好都合な副作用です。
    その手の本やDVDを買う事が無くなりました。
    眠気はありますが、30~1時間の昼寝をすれば済む程度です。
    吐き気、めまい、倦怠感はありません。
    診察の際は、正直に、正確に、症状を伝えて下さい。
    ちなみに、私が処方されている薬は以下の通りです。
    睡眠剤・・・フルニトラゼパム トラドゾン
    向精神薬・・・レクサプロ
    頓服薬・・・リスペリドン

    退職、転職も一つの方法です。
    うつ病患者のための転職情報サービスがありますので、
    必要になりましたらご利用ください。

    1. 孤高の童貞 より:

      完治ではなく症状をコントロールですか。
      人によって対処法が変わるんですね。
      僕の場合は完治するんですかね。
      この慢性的な気の落ち込みと一生付き合うのは嫌なんですが(-_-;)
      薬で症状を抑えられるのならまだ良いんですが薬が効果ないと打つ手がなくなりますね。
      色々と参考になりました。ありがとうございます!

  2. いつものビルメン より:

    この分野はガンよりも解明難しいでしょうね
    例の不適正の人なんかはいまの現場に来た当日から、中央監視のテーブルに置いて
    あったお茶菓子をこれ食っていいんですよね?とか言いながら口に放り込んでました
    からねえ。相当神経は太いです。メンタル系の医療の世話になることは生涯無さそうです
    身体的な差よりもこういうものの差のほうが大きいですね
    新しい現場は大所帯なんで丁寧に教える環境だと思いますのであまり難しく考えない
    ほうが良いでしょう

    1. 孤高の童貞 より:

      確かに精神(脳)の分野は解明されていない事が多いですからね。
      うつ病に効く特効薬みたいなやつ発明したらノーベル賞間違いなしでしょう。
      初日は顔合わせ程度と気楽に考える様にしようと思います。
      考えすぎると不安になるので(^^;

  3. クジル より:

    お久しぶりです。
    先月末で、ついに仕事を退職しました。笑

    うつ病病が完治できるかどうかは、
    「個人のメンタルの強さ」「うつ病になった原因」「プライベートでの幸福度」
    の3つに大きく依存するでしょうね。

    僕はうつ病とまでは行かなかったですが、前の職場の皆と性格が合わず、人間関係でいつもストレスを感じていました。
    メンタルがそこまで強くはないので、毎日が辛かったです。
    僕のストレスの原因は職場環境だったので、退職した今はストレスが皆無になり、今では精神状態はかなり良好です。

    あと、僕の場合はプライベートが充実していて深刻な持病もないので、そういう部分も恵まれていましたね。

    1. 孤高の童貞 より:

      ついに退職されたんですね。
      お疲れさまでした。
      仕事で辛い毎日を過ごされた分、ゆっくりなさって下さい。
      クジルさんの場合は自分に合う職場に出会えたら一気に好転しそうですね!
      僕は豆腐メンタルなので先が思いやられますがw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。