大人になってから分かる学校の先生の大変さ【激務にモンペ対応】

今更な話ですが学校の先生って本当に大変な職業だと思います。

生徒だった頃はそんな事考えもしなかったですけどね。

人間関係が大変

まず一クラス30人~40人ぐらい居ると絶対に数人変な生徒が居たり、うるさい親(モンスターペアレント)が居ると思います。

まぁそういう僕も変な生徒だったんですけどね( ̄▽ ̄;)

先生には色々とご迷惑をかけてしまいました(特に小学校の担任の先生方)

学校の先生が関わる人間の数って半端じゃないぐらい多いです。

単純に生徒+生徒の両親+同僚の先生だけでも100人超えると思います。

関わる人間の数が多ければ多い程、人間関係に悩むリスクが高くなるのは言うまでもありません。

最近は生徒による教師いじめや同僚の先生によるパワハラなども問題になっていますね。

そして大変なのは勿論人間関係だけではありません。

はっきり言って激務

担任持つと本当に大変だと思いますね。

学校の授業が終わったら生徒はそれで終わりですが先生は事務作業が残っていますからね。

宿題作りや採点、次の日の授業の段取り、テスト問題作成、会議などやる事が山積みだと思います。

しかも部活動の顧問になったら休む暇もなくなるでしょう。

上記に挙げた事務作業は部活の練習に付き合う分、後回しになってしまいます。

部活の練習で疲れているのにそこから事務作業をしなければいけないのです。

事務作業は家に持ち帰ってしている先生も居るという話を聞きます。

しかも本格的に部活に取り組んでいるところなら土日も練習がある訳ですよ。

 

 

そうなったらいつ休むんだ!?って話ですよ。

 

 

僕、高校の時は剣道部だったんですけど顧問の先生が土曜日も稽古しようかという話をした事があって・・・

結局、僕達生徒が渋った為、その話はなくなった訳ですが(笑)

でも土曜日に稽古する事になれば一番大変なのは先生なので今思うと熱心に見てくれていたんだなと思います。

昔ながらの熱血教師でビンタも竹刀でケツパンもやられましたけどね(笑)

 

冬の稽古で袴の下にパッチ履いてるのバレた時めっちゃ怒られたの今も覚えてます。

「え~・・・これはその~・・・脱ぐの忘れてました(震え声)」と苦しすぎる言い訳w

その後ケツパンされたのは言うまでもない・・・。

(剣道部の伝説として語り継がれる事になりました)

 

まぁ今ではそれも良い思い出になっています。

少し話が脱線してしまいましたが・・・

部活の顧問になると夏休みも練習があるので負担が大きいですね。

しかも給料が上がったり手当が付く訳でもない。

完全にボランティアです。

だからこそ顧問を務めている先生方は心から尊敬します。

 

 

子供の時は先生の大変さなんて分からなかったけど社会に出て労働する立場になった今なら身にしみて分かります。

社会に出たら大変だから覚悟しとけと色々な先生に教えてもらいましたがこんなに大変だとは思いませんでしたけどね(-_-;)

大人になってから分かる学校の先生の大変さ【激務にモンペ対応】” に対して1件のコメントがあります。

  1. より:

    紹介 コトタマノマナビ

  2. 鶏ハム より:

    記事とは全く関係ない話なんですが、童貞さんのHNについて。「孤高の童貞」なのか「孤独の童貞」なのかどちらが正しいのか分かりません!

    言うなればこれは、恋人同然になったノエルちゃんが「タカシ君大好き❤…あ、ごめん元カレの名前言っちゃった。君はマサシ君だったね( ´_ゝ`)」と間違えてしまうのも仕方ない事態なんですよ❗️早急にどちらか一つに統一して貰えるようにお願いしますm(._.)m

    1. 孤高の童貞 より:

      そもそも僕「孤独の童貞」と名乗った事ないと思うんですが(笑)
      ブログもツイッターのHNも「孤高の童貞」で統一していますし!

      あとノエルちゃんが僕の名前間違う訳ないじゃないですか(マジギレ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。