歯医者で治療中に目を開けたままの人【開ける派VS閉じる派】

皆さん、歯医者に行っていますか?

僕は数か月に1回定期健診で歯石を取ってもらっています。

歯は大事ですからね。

年をとっても自分の歯で食事をしたいものです。

ところで歯医者で治療の時、普通は目をつむりますよね?

恥ずかしながら僕は20代半ばぐらいまで目を開けたまま治療をしていました。

いや、だって「口を開けて下さい~」って言われるけど

「目を閉じて下さい」とは言われないじゃないですか。

だから自然に口だけを開けて目はそのまま開けていました。

この時、困るのが視線をどこに向けるかです。

歯科衛生士さんを見つめる訳にもいかず

何か気まずいので適当に視線を下に向けたり斜め上に向けたりしていました。

多分、歯科衛生士さんから見た僕はこんな感じだったでしょう↓

うん。きもい。

もはやホラーだよ。これは。

当時の僕は目を開けたままがスタンダードだと思っていたので

特に疑問を抱く事もありませんでした。

でもある日気付いたんですよ。

「あれ?そもそも何で目を開けたままにする必要があるんだろう」と。

それに気付いて初めて目をつむって治療を受けた時、

物凄く快適だったのを覚えています。

気まずくないしライトも眩しくない!と。

ネットで調べるとやはり目をつむる人が多数派みたいです。

そりゃそうですよねw

でも開けたままの人も一定数いる様です。

なので僕の経験を踏まえて開けたまま派の人に言いたい。

「治療中は目をつむろう!(`・ω・´)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。