ネットとゲームはニートにとってのライフライン

毎日、就活サイトをチェックするも

求人票を開いて閉じるというルーティンワーク。

複数の就活サイトの最新求人情報だけをチェックして

その日の作業はおしまいです。

もはや完全にニートと化した僕ですが

ネットとゲームがあるので悠々自適な自堕落生活を送れています。

ネットがあれば家に居ながら人とコミュニケーションをとる事も出来ますし

興味がある情報の収集も出来ます。

ゲームがあればその中で色々な経験をしたり様々な場所に行く事が出来ます。

特にGTA5の様な自由度が高いオープンワールドゲームは良いですね。

自転車、車、バイク、ヘリ、飛行機、船、潜水艦、戦車といった乗り物に乗る事が出来て

海水浴、トライアスロン、カーレース、シーレース、テニス、ゴルフ、

スカイダイビング、ダーツ等いろいろなレジャーが楽しめます。

でも主人公の一人であるマイケルの息子のジミーってのがいるんですが

ニートで自分の部屋でゲームばっかりしているので自分と重なって辛いですw

 

しかし、もしネットとゲームが無かったらと考えるとゾッとします。本当に。

ニートにとってネットとゲームは電気、ガス、水道に

匹敵するライフラインだと実感。

この2つが断たれると生きていけないw

もしこれらが無い時代に生まれていたら何をしていただろう。

毎日、近所を散歩とかかな。それは今もしているけどw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。