人口の14%が境界知能(IQ70~84)という衝撃の事実

皆さん、境界知能という言葉をご存知ですか?

日本人の平均IQは世界でも上位に入る105です。

そして健常者とされるIQは85以上です。

そしてこれがIQ70未満だと軽度知的障害となります。

この軽度知的障害と健常者の間のライン(IQ70~84)が境界知能と呼ばれているのです。

そしてこの境界知能者はなんと人口の14%も居るのです!

14%というと7人に1人程です。

35人のクラスだと4,5人は境界知能者という事になります。

これは中々衝撃の事実なのではないでしょうか。

僕もabemaTVのYoutubeチャンネルでこの事実を知った時は非常に驚きました。

中学生時代にクラスで1,2位を争う成績の悪さだった僕も可能性はあると思います。

まぁもう少しでWAIS検査を受けるのでその辺の事も明らかにあると思います。

現状は境界知能者は障害者として扱われません。

なので公的保証を受ける事が出来ない辛い立場です。

それにしても大多数が健常者で障害者はごく少数みたいなイメージが一般的にあると思いますが

一説によると10人に1人が発達障害の傾向があると言われています(あくまで傾向)

その他にも様々な精神障害があり、グレーゾーンも含めるとかなりの数になるのではないでしょうか。

なので生き辛さを抱えて生きている人は何らかの障害がある事を疑った方が良いかもしれません。

そして疑いを持ったまま生きていくのは辛いものです。

早めにメンクリで診察を受けるのが良いでしょう。

しかし障害者になるのが怖いという人もいるのではないでしょうか。

身体の病気と同じですよ。

身体に異変を感じたらすぐに病院に行くべきですよね。

重症化する様な病気でも初期のうちに治療すれば治る可能性は格段に上がります。

それは精神にも言える事です。

自分をごまかしながら生き続けていてもボロボロになっていくだけです。

筋肉は傷つけば傷つく程強く大きくなりますが精神は傷つけばただボロボロになるだけです。

これは身体と精神の違うところですね。

僕は高卒で社会に出た時から生き辛さを感じてきました。

周りと比較して自分の能力の無さと精神的な脆さに苦しんできました。

そして20代を経て今は30代半ばですが精神は強くなるどころか弱くなっているとさえ感じます。

だから発達障害の検査をしてもらおうとメンクリに行った訳です。

残りの人生、苦しいままで生きるのは嫌なんですよね。

僕がこうやってブログで発信する事によって生き辛さを感じている方がメンクリで診察を受けるきっかけになれば嬉しいです。

 

WEB特集なぜ何もかも上手くいかない?わたしは境界知能でした。(外部サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。