要領が悪い人間にとって楽な仕事なんてない

これは今までの経験から分かった事なんですが

要領が悪い人間にとって楽な仕事はないという事を実感しています。

僕は人より要領が悪く、仕事を覚えるのも遅い上、メンタルが弱いという

どうしようもないダメ人間です。

上記の負の3要素が揃っていると

どんな職種でも辛くなります。

例えるとAさんの仕事処理能力が100で仕事量が50だとすると

きっと仕事が楽だと感じます。

しかしBさんの仕事処理能力が50で仕事量が50だった場合

フル稼働になるのでかなりのストレスになるはずです。

そして人によってストレス耐性も違いますよね。

同じ出来事を経験しても全く動じない人と

ひどくうろたえてしまう人。

優秀な人にとっては楽な仕事でも

要領が悪い人間にとっては激務になり得るのです。

現に今の職場でも同じ班の2人は仕事が楽だと言っていますが

僕にとっては決して楽ではありません。

この差は向き不向きではなく能力差だと思います。

それでも仕事を続けていけば多少なりとも慣れる部分は出てくると思うので

根気強く続けていくしかありません。

どんなに要領が悪くても何度も繰り返しする事で最初にやった時よりは

スムーズに出来る様になりますからね。

月並みな言葉ですが“継続は力なり”という事でしょう。

僕の様に不器用な人間にとって生き辛い世の中ですが頑張るしかありません。

要領が悪い人間にとって楽な仕事なんてない” に対して1件のコメントがあります。

  1. クジル より:

    職を何度も転々とするよりも、1つの職を(出来れば定年退職まで)ずっと続けられる方がどう考えても理想的ですよねー。

    僕らぐらいの年齢だと、まだ辞めても次の職が見つかりやすいですが、年をどんどん重ねて30代後半以降とかになると仕事の面接で落ちやすくなりますし、
    なおかつ何度も職を転々としてたら「この人を採用しても、すぐに辞められそうだな」と思われて、さらに面接で落ちやすくなりますし。

    なので、今の若いうちが勝負の分かれ目な気がします。

    1. 孤高の童貞 より:

      なんだかんだで就活って物凄くエネルギーを使いますし
      一から仕事を覚えるのは大変ですからね(;^_^A
      なので続けられるうちは続けようと思います。
      ストレスのキャパを超えない限りはw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。