ツイッターから本人特定のリスク【鍵をかけて対策】

今日はボイラーの点検やら自動制御系の不具合の現調やらの立会いでした。

自動制御系は協力会社の方に内容を聞いてそれを先方に説明しないといけなかったのですが

中々、説明を受けても理解できず後で電話で聞き直すという愚行をしました((+_+))

まぁ最終的には理解できたので前向きに考えるとしよう。

そして本題なのですがお昼休憩を取っている時にリーダーから電話があって

その現場の責任者の方に電話をつないでほしいと言われたので

僕は自分のスマホを直接その方にお渡ししました。

そして電話が終わったのでスマホを返してもらったのですが

電話が切れた一瞬、ツイッターの画面が出てしまいました!

「やばい!!!!」

心の中で叫びましたw

スマホを返してもらう一瞬だけでしたし

僕のアカウント名「孤高の童貞」も表示されてなかったので

多分大丈夫でしょうがフォロワーさんの名前は出ていたので

もしかしたらフォロワーさん経由で特定されてしまう可能性もあると考え、

念の為、鍵をかけました。

これでフォロワーさんからしか僕のつぶやきは見れなくなりました。

ブログのURLも消しました。

1週間ぐらいしたら元に戻そうと思います。

同じ班の人なら別に特定されてもあまり影響はありませんが

先方に特定されるのはマジでシャレにならんw

完全に油断していました((+_+))

気を引き締めないと。

 

PS.先日のブレーカーが投入できない件はコメントで頂いた通りブレーカーの不良でした。

次似た様な事があればブレーカーを切り離して投入できるかどうか確認しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。