30代童貞歯列矯正に100万円使う事に【インビザライン矯正・マウスピース矯正】

前々から話していましたが歯列矯正を受ける事が正式に決まりました!

先日、歯医者さんに行って歯列矯正に関する説明を受けてレントゲン撮影をしました。

一般的な歯列矯正はワイヤー矯正ですが

この方法は金属部分が目立ってしまいます。

更に僕は金属アレルギーの可能性があるのです。

なのでこの方法は避けて、インビザライン矯正を選びました。

これは俗にいうマウスピース矯正で1日20時間以上マウスピースを装着する事で歯列矯正する方法です。

食事後はその都度、歯磨きしてマウスピースを装着しないといけないので大変です。

ただ、目立たないですし痛みが少ないという大きなメリットがあります。

気になるお値段

抜歯ありで100万円!

抜歯なしで80万円!

やはりすごく高額。

恐らく抜歯なしで出来るかと思うがもしかしたら抜歯する可能性もあるとの事。

まぁ予め歯列矯正にかかる金額は知っていたので覚悟は出来ていました。

30年以上実家暮らしを続けた【こどおじ貯金】があるので大丈夫です。

これは本当に親に感謝ですね。

勿論ちゃんと老後の為に必要な貯金は確保してますし、決して無謀な出費ではありません。

歯列矯正をする時期は若ければ若い程良いですし思い切って決断しました。

 

3Dで矯正後の歯並びを見せてもらいましたがすごく綺麗な仕上がりになっていたので楽しみですね!

今後は頻繁に歯医者さんに通う事になると思うので経過報告はブログなりYoutubeなどでしていく予定です。

それでは!

 

30代童貞歯列矯正に100万円使う事に【インビザライン矯正・マウスピース矯正】” に対して6件のコメントがあります。

  1. ハゲ歯科医 より:

    おお,思い切った決断ですね!
    矯正したらいきなりモテだすんじゃないですか?

    1. 孤高の童貞 より:

      それはないと思いますよ(笑)
      同僚の先輩方に歯列矯正の事話したら歯並びが悪いイメージがなかったらしく吃驚していました。
      モテないのは内面の問題ですね😅

  2. 同定 より:

    これで童貞卒業ですねw

    それだけ浪費できるとは、貯金何円あるのか。

    1. 孤高の童貞 より:

      歯並びが悪い童貞から歯並びが良い童貞になるだけです。
      俗に言うマイナーチェンジです。

  3. 石見変人 より:

    毎度。無職童貞です。
    思い切った決断ですね。
    今の私にはとても払えない金額です。
    私もはっきり言って歯並び悪いです。

    障害年金の申請、行ってきました。
    診断書の最重要項目、日常生活能力の判定を見ると、
    判定基準通りなら、私は2級もしくは3級に該当します。
    すんなり通ってくれるといいのですが。
    あと、最終的な診断名は、自閉症スペクトラム障害だそうです。

    1. 孤高の童貞 より:

      100万円は大きい金額ですが歯は一生ものですし思い切って直そうと思いました。

      ASDの診断が出たんですね。
      診断されたのなら問題なく通るんじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。