電気設備の年次点検の立ち合い【ビルメンブログ】

今日は月に1回巡回に行く現場の年次点検がありました。

年次点検とは建物を停電させて電気設備の精密な点検を行う事です。

とはいえ点検自体は電気屋さんがやってくれるので

僕らは警備会社やエレベーター会社に事前に連絡を入れたり

負荷側の電源を落としたりするだけで基本的には立ち合いだけです。

点検は特に大きなトラブルもなく無事に終わりました。

ただ、1箇所だけ許容範囲内ではあるが絶縁が良くないところがあって

調べた結果、コンセントの片側の線が悪くなっていたそうです。

コンセントに繋がっている線を外したりして

メガー(絶縁抵抗計)を使って数値の変化を見て調べていました。

未だにメガーって使った事ないんですよね^^;

ブレーカーが落ちた時とかに必ず使う事になると思うので

使い方を覚えなければいけませんね。

まぁでも基本的にはレンジを合わせて片側をアースに繋いで

もう片方を端子に当てるだけですよね。

あと、復電後に非常用発電機の試験もしました。

1時間動かしてみましたが動作は正常でした。

無事に終わって良かったです。

 

明日は休みなので海遊館のサンタマリア号に乗りに行く予定でしたが

なんと今日から2月2日まで船体検査の為運休するらしいです((+_+))

(2月7,8日も海遊館の休館日の為運休みたいです)

なんというタイミングの悪さ。

楽しみにしていたのにガッカリです(;´Д`)

でも事前にホームページを見ておいて良かったです。

知らずに現地まで行っていたらと考えるとゾッとしますw

下調べは大事だという事ですね。

来月こそは乗りにいくぞ(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。