社会不適合者の基準とは何なのか?【特徴・人物像・生き辛さ】

先日書いた記事【社会不適合者は学歴資格あっても無駄!意味がない】ですが

社会不適合者は学歴資格あっても無駄!【意味がない】

多くの反響をいただきました。

ツイッターからのアクセスだけでも120以上ありました!

コメント、ファボ、リツイートしてくれた方ありがとうございます!

 

社会不適合者の基準

しかし僕にとっては予想外だったのはフォロワーさんから共感、痛いところを突かれたという声があった事です。

皆さん、普通に社会生活を送っている様に見えたので社会不適合者を自覚しているとは思わなかったからです。

僕は独立系ビルメン会社の末端作業員ですらギリギリの状態で続けている状態です。

なので僕からすれば年収を上げる為に転職を考えていたり、資格の勉強をされている方は社会不適合者ではないと思うのです。

しかしそもそも社会不適合者に明確な基準はありません。

文字通りに解釈するとしたら「社会生活に適応できない人」という事になります。

社会生活・・・つまり仕事のみならずプライベート面も含めて考えた方が良いでしょう。

仕事面でいえばどの職業に就いても短期退職を繰り返してしまう事が挙げられます。

短期退職の理由はストレス、対人関係のトラブル等色々あると思います。

プライベート面では社会性がない事から他者との接点がない孤独な人。

つまり交際相手や友人がいない人が挙げられます。

なので結婚されている方や異性との交際経験がある方、友人がいる方は社会不適合者ではないと考えます。

他者との関係性が築けるという事は社会性があるという事になるからです。

勿論、孤独な人=社会不適合者という短絡的な事を言うつもりはありません。

趣味を充実させる為、一人を選ぶ方もいるからです。

よく結婚した方が幸せか、それとも独身の方が幸せかという議論がされますが

個人的には結婚した方が幸せになれる人と独身のままの方が幸せになれる人に分かれると思います。

後者の人が無理に結婚した場合、結婚は人生の墓場になってしまうかもしれません。

社会不適合者もそれぞれ違う

これは当たり前の事なんですが社会不適合者といっても一括りには出来ません。

なぜなら一人一人能力も性格も環境も違うからです。

僕は社会不適合者を自覚していますが僕より深刻な方もいます。

ある理由で引きこもりになってしまい働く事はおろか外でも出れない方もいるかと思います。

そういう方は僕以上の地獄を見ているはずです。

 

 

社会不適合者の生き方とかおすすめの仕事とか紹介しているサイトを見かけましたがなんかズレてるんですよね。

恐らく記事を書いた人は社会不適合者ではないと思います。

あぁ普通の人が想像で書いた記事だなと。

やっぱり同じ経験をした人間じゃないとその人の気持ちって分からないですからね。

 

僕は社会不適合者の一人として同じように生き辛さを感じている方が苦しみから解放される日が来る事を祈っています。

 

 

 

ストレスとは:こころの耳(厚生労働省)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。