防雨型スイッチの交換をする【ビルメンブログ】

皆さん、おはようございます。

今日は仕事休みです(^^)

昨日は記事に書いた通り、防雨型スイッチの交換作業をしてきました。

簡単な作業ですが僕にとっては初めての電気工事になります。

まずショートしたのがこちらのスイッチ↓

早速、中を開けてみる。

すんごい錆びてるしw

プレート部分が化石と化していますね(;´∀`)

とりあえず新しいプレートを取り付ける。

これはプラスチック製なので錆びの心配はありません。

被覆をむいて新しいスイッチに差し込んで完了。

防雨型スイッチなのでパッキンが付いていますが

それだけだと防水性に不安が残るのでコーキングしました。

ちなみにコーキングしたのはリーダーで僕ではありませんけどw

下の部分だけコーキングしていない理由ですが

実は屋上の亀裂から雨水がスイッチ内部に流れてくるらしいのです。

あれだけ錆びていた理由がそれです。

このままガッチリ下までコーキングしてしまうと

スイッチ内部に水が溜まってまたショートしてしまう可能性が高い。

なので下の部分のパッキンの一部に切り込みを入れて

そこから水が抜ける様にしたのです。

こういう対応は非常に勉強になります。

 

ストリッパー使ったの電気工事士の試験以来だったので懐かしかったですねw

少しずつこういう作業経験も積んでいけたらと思います。

それではこの辺で(`・ω・´)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。