子供部屋おじさんは犯罪者予備軍だという風潮【引きこもり】

実はある時期から子供部屋おじさんについて書いた記事のアクセス数が多くなったのです。

結構前の記事なので恐らく検索流入だと思われます。

ちなみに↓がその記事

子供部屋おじさんの特徴を当事者が書いてみる【高齢独身実家暮らし】

で、そのある時期というのが51歳の引きこもりがスクールバスを襲った胸糞悪い事件があった直後ぐらいからなんですよね。

あと、元事務次官が引きこもりの息子に危険性を感じ、自らの手で葬った事件があった時もアクセスが多かった気がする。

世間からは子供部屋おじさん=犯罪者予備軍だと思われているΣ(・□・;)

いやいや、ちょっと待って下さいよ~(こんにちわ根岸)

そもそも子供部屋おじさんってワードが出てきた当初は引きこもりを指す言葉というよりも良い歳して親に甘えて自立できない駄目な男みたいなイメージだったと思います。

それがいつのまにか引きこもりを指す言葉のイメージが強くなりましたよね。

僕が子供部屋おじさんを続けている理由ははっきり言って“打算”です

生活費浮いてその分貯金にまわせるし寂しくないしいいことづくめです。

将来の事を考えた最善の選択をしているつもりです。

現状結婚する気ないし(そもそも相手もいないし)わざわざ家を出て一人暮らしするメリットがないのです。

まぁ自立している人から見ればクズそのものだと思いますがライフスタイルは人それぞれなので文句を言われる筋合いはありません。

なので僕の様な甘え型の子供部屋おじさんは犯罪を起こそうなんて考えません。

あんな子供を狙う様な輩と一緒にされるのは御免!

では引きこもり型の子供部屋おじさんは犯罪を起こすのか

これも当てはまらないと思います。

そもそも普通の人は精神的に追い詰められた場合、他者を攻撃する事より自決を選ぶでしょう。

引きこもりで苦しんでいる方も「しにたい」とは思っても「人を襲ってやる!」なんて発想に至る輩なんてそうそう居ませんよ。

そういう発想に至る輩は攻撃的な一部のサイコパスでしょう。

サイコパスとは罪悪感が欠落している人の事を指しますがその全てが犯罪者という訳ではありません。

感情に左右されず論理的に物事を決められるという強みもあるので経営者に多いらしいですし。

ただ攻撃的なサイコパスは危険ですね。

個人的に無差別に人を襲うタイプの凶悪犯は攻撃的なサイコパスなのではないかと思います。

なのでまとめると子供部屋おじさんとか引きこもりとか関係なく凶悪な犯罪は一部の攻撃的なサイコパスによって起こされるというのが僕の持論です。

あくまで僕の考えなので反論は一切受け付けません(笑)

子供部屋おじさんは犯罪者予備軍だという風潮【引きこもり】” に対して1件のコメントがあります。

  1. 鶏ハム より:

    働いているなら別に実家暮らしでもちゃんと胸を張って大丈夫だと思いますけどね〜。

    精神的に追い詰められて→自決は、半々じやないでしょうかね。特に高学歴無職や昔は稼いでいたけど今は落ちぶれてる人間は最期は道連れにしてやろうと思うんじゃ無いかなと思います。まあ集計なんて取れないことなので意味が無いんですが。僕の場合は娘がいますからね。他者を傷つけようと思っていても「犯罪者の子供」を背負わすのは酷な話だと思いますので行動はまずしないでしょうね。ただその関係すら無くなってしまうとどうなるかは分かりませんが( ´Д`)y━・~~

    1. 孤高の童貞 より:

      高学歴無職はプライドが高い方が多いと思うのでこじらせるとタチが悪そうですね(-_-;)
      それでも実際に犯罪を起こす様な人はごく一部でしょうけど。
      統計は確かに取りようがないですね。
      それにしても世知辛い世の中で嫌になります(;´Д`)

  2. クジル より:

    僕もどんなにコロしたい程 恨んでる人がいても、復讐はしないですね。
    犯罪を犯せば刑務所に服役しないといけないですし、出所後の人生なんてどう考えてもお先真っ暗でしょうし。

    それでも犯罪を犯す人というのは、先の頃を考えられない衝動的な性格の人か、刑務所に服役しても良いやっていう考えの人なんでしょうね。
    普通の知能があれば、警察に捕まるレベルの犯罪なんて犯そうとは思わないと思います。

    1. 孤高の童貞 より:

      私怨で恨みのある人に対して凶行に及ぶのと無差別に人を襲うのとは全く違うと思いますね。
      前者は普通の人でも道を踏み外せばありえる事ですが後者は明らかに異常です。
      そういう異常な思想を持った輩が社会に潜んでいると考えると恐ろしいですね・・・。

  3. 通りすがり より:

    ちょっと穿った見方をば
    そもそもレッテルの中身を分析してみないっていうのは、本質を問わない(家庭環境、経済状況、本来の国籍、それまでの育ち、本人の気質などなど)ということなので、問題と捉えてるわけではない、根本的に事件とかの解決を求めている訳ではない。つまり、単に「ゲーム脳」とか「キレる若者」とかと一緒で、自分たちの叩きたいレッテルを増やすことがメインなのかなぁと(あるいはもっと大きなヤマから目をそらすためのデコイか)

    あとは、そうして一人暮らしを加速させる風潮をつかって、若者に無理やりお金を放出させるのが目的という見方も

    1. 孤高の童貞 より:

      気に入らない相手に適当なレッテルを貼って叩きたい人種って結構多いですからね。
      楽な環境に身を置く実家暮らしは格好の的でしょうね。
      まぁ僕は世間の声などどうでも良いのでこれまで通り子供部屋おじさんを続けてせこせこ貯金していきますよw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。