ディスカッションはコミュ障には辛い【苦手!大嫌い!】

火曜日に警備員の現任教育がありました・・・。

まさか本社を離れてまで警備員の現任教育を受けるハメになるとは。。。

また応援に駆り出されたりするのだろうか。

今から断る理由考えなきゃ!(使命感)

この現任教育って警備員は半年に1回受講しないといけないのです。

そして受講しなければ警備員として従事できなくなりまた新任教育からやり直す事になるのです。

新任教育からだと必要書類も1から揃える必要がありますし何より30時間も研修を受けなくてはならないのです。

なので会社としては現任教育対象者は全て受講させるという事なのでしょう。

でも僕もう常駐設備員なんですけど~!!!!

色々と思うところはありますが話聞くだけだしまぁ良いかと思っていたのですがまさかの落とし穴がありました!

「今から5人でグループを組んでこの事案に対する対処方法を話し合って発表して下さい!」

いや、いや、いや、いや!!!待って!心の準備がぁ!!!!

まさかディスカッションがあるとは思ってもみませんでした。

「進行役、書記役、発表役も話し合って決めて下さいね~」

もう一気にストレス値が急上昇しましたよ(;´Д`)

本当にディスカッションはコミュ障ゴロしです。。。

初対面の人と話すだけでも緊張するというのに。

「え~っと、、、まぁ僕はこう思いますぅぅ…..」必死に言葉を絞り出す。

眠気は一気に吹っ飛んだが半端なく気疲れした。

最後に今の気持ちを叫ばしてください!

「ディスカッションなんてやめろぉぉぉーーー!!!!」

「コミュ障の事考えろぉーーーーー!!!!」

「学校の嫌な思い出がよみがえっただろぉぉがぁぁぁ!!!!」

 

 

 

 

 

 

やっぱり自宅警備員が一番。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。