フラッシュバルブ水漏れ。レバー(ハンドル)を初めて交換【ビルメンブログ】

さて、この病院に来てからフラッシュバルブのピストンバルブ部分の交換は既に10件近くやったと思います。

それは先日記事にも書きました。

しかし今日やったのは・・・

フラッシュバルブのレバー(ハンドル)部分の交換です

和式トイレでお馴染みのこれです↓

このレバーを外すと中にバネが付いた金具が入っています。

仕組みはこのレバーを下に押すと中の金具の棒が押し込まれピストンバルブを開かせて水が流れるというものです。

(↑がピストンバルブ。下に出ている棒が押されると水が流れる)

中に入っている金具とパッキンを交換するだけなので作業自体は誰でも出来ます。

でも作業前に必ず止水弁を締めて水が流れないか確認する事が重要ですね。

止水弁が効いていない可能性もありますからね。

レバーはそのまま再利用したので正確には金具とパッキンの交換ですね。

今日はこの作業ぐらいで他にトラブル対応はありませんでした。

そして明日、明後日は連休です!

しかし何も予定がありません(-_-;)

ゴジラでも観に行こうかな。

どこかに出掛けたい気もするが現状、特に行きたい所もないんですよね(;^_^A

今から行きたい所を調べている時間もないですし。

結局だらだら過ごしそうな気がする(-_-;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。