今日の寝起きは精神状態が最悪で会社を休もうと思った【ビルメンブログ】

今日朝起きてすぐに体の異変に気付きました。

鬱状態に片足を突っ込んでいました。

かなりあせりました。

普段の気の落ち込みとは明らかに違うこの感覚。

普通の気の落ち込みと区別する為に鬱状態という言葉を使いますが

この状態になると実際に体も重くなって思考能力が極端に低下してしまうのです。

この状態を初めて経験したのはドラッグストア勤務時代です。

頭の中が負の感情でいっぱいになって何も考えられず体が鉛の様に重くなりました。

確か2週間ぐらいの間家に引き籠っていたと思います。

親もこのまま引きこもりになる事を覚悟したそうです。

それぐらい心が病んでいました。

無理して出勤して結局辛くなって早退したりしていました。

このままだと本当に立ち直れなくなってしまうと危機感を覚え、

無理矢理外に出て膨大な距離を散歩して太陽の光を浴びました。

そして徐々に精神状態が回復し仕事に復帰できました。

 

あの時の精神状態というのは僕の中でのトラウマです。

だからこそ朝起きた時はあせりました。

何の前触れもなくいきなり来たという感覚です。

会社を休むかどうか迷いましたがまずはいつも通り行く準備だけしようと思いました。

そこから考えようと。

髭を剃って顔を洗って歯を磨くといういつも通りのルーティンです。

支度を終えた段階で少し精神状態がマシになったので出社しました。

出社してからはいつも通りの精神状態に戻りました。

相変わらず憂鬱な気分ですが気の落ち込みは許容範囲内でした。

何でいきなりこういう状態になったのか自分でも分かりません。

昨日寝た段階では普通だったんですけどね。

やっぱり来週から環境が変わる事へのストレスでしょうか。

明日の朝が怖いので今日は早目に寝る事にします。

今日の寝起きは精神状態が最悪で会社を休もうと思った【ビルメンブログ】” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    危なくなってきたら、心療内科に行きましょう。

    少し心配です。

    1. 孤高の童貞 より:

      ご心配していただきありがとうございます。
      次の休みに行く事にします。

  2. たかし より:

    朝の鬱は自分もしょっちゅうです。
    今思えば10年勤めた小売り時代に病院に行って治療しとけば良かったなと。自分は朝起きたら全く起き上がることができなかった。治療もせず転職したせいで転職を繰り返してしまい未だに完治せず辛い朝を迎えてます。中途覚醒 朝になると地獄です。

    1. 孤高の童貞 より:

      僕も今までだましだましやってきましたが今後の事を考えて治療しようと思いました。
      心療内科で薬を処方してもらおうと思います。

  3. Tる より:

    田中圭一さんの「うつヌケ」という本で「前日との気温差」が激しいと鬱状態になりやすいみたい描写がありましたねぇ。
    自分も10月頃にほぼ鬱の様な診断をされました。

    1. 孤高の童貞 より:

      前日との気温差が精神に影響を及ぼす事があるんですね。
      僕もこのままだともちそうにないので病院で診察を受ける事にします。

  4. 石見変人 より:

    朝、体が動かなくなるというのは重症です。
    早急に心療内科で診察を受けて下さい。
    経験者より。

    1. 孤高の童貞 より:

      次の休みに行こうとは思いますが予約を取れるかどうかですね。
      処方された薬が効けば良いのですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。