皆さん汚れ仕事は好きですか?嫌いですか?【ビルメンブログ】

ビルメンというのは施設のありとあらゆるトラブルに対応しなければいけません。

設備機器のトラブル対応は勿論、トイレの詰まり対応などの汚れ仕事もしないといけません。

このトイレの詰まり対応は多くのビルメンの方嫌いなんじゃないでしょうか?

まぁ当然、好きっていう人はいませんよね。いたら変態ですよ(笑)

ただ、僕の場合、設備関連のトラブル対応や折衝業務に比べれば全然苦じゃないんですよね。

例えば一人で宿直の時に電話があるとすごくドキドキしながら通話ボタンを押すんですが

内容がトイレの詰まりとかシンクの排水の詰まりなら安心します。

設備関係のトラブルは大変

これが設備機器のトラブルだったらあちこち調べないといけませんから。

例えば部屋が暑いというクレームがあると現地にいってアネモから冷風が出ているか調べないといけません。

そして冷風が出ていなければ次は熱源の確認ですね。

冷温水機やチラーがちゃんと冷水をつくれているのか確認して冷却塔ファンの電流値も確認して

それが問題なければ次はポンプ類の確認ですね。

冷水ポンプ、冷却水ポンプの圧力、電流値を見てエア噛みしている様であればエア抜きが必要になりますね。

そして勿論、エアハンも確認しないといけないですね。

ファンの電流値が下がっていたらVベルトがへたっている可能性があります。

そしてチラーが冷水をつくれているのにエアハンまで冷水が来ていない場合は

冷水の電磁弁が閉まっている可能性がありますね。

そして電磁弁が閉まった状態のまま動かない時は

電磁弁自体が壊れているのかそれとも制御関係(リレー)が故障しているのか調べないといけません。

 

ただ、冷風が出ないというだけでこれだけ調べないといけないのです。

僕は頭が悪いのであちこち調べて原因を特定するのって苦手なんですよね(笑)

トイレ詰まり対応は汚いけど楽

これがトイレ詰まりの場合、詰まりを除去して通せばいいだけなので何も考える必要がありません(笑)

便器の中にうんこが残っていなければ超ラッキーですね!

もし残っていたらオエッとなりますがそれでも詰まりを除去すればいいだけなので作業は楽です。

一番最悪なのが便器からうんこ水が溢れている時ですね😅

さすがにこういう時は結構きついです。

それでも個人的にややこしい設備関連トラブル対応や折衝業務に比べると全然気は楽です。

まぁビルメンの方々ぞれぞれ好きな作業、嫌いな作業があると思いますが

僕の場合は気をつかう作業がとにかく苦手という事ですね。

まぁ一番良いのは何もなく平穏無事に業務が終わる事ですけどね(笑)

 

皆さん汚れ仕事は好きですか?嫌いですか?【ビルメンブログ】” に対して2件のコメントがあります。

  1. 石見変人 より:

    毎度、無職童貞です。
    私は汚れ仕事は平気です。
    前職で、うんこしっこを扱っていましたので。
    血液はもっと危険です。
    どんな病原体がいるか分かりません。
    幸い、現役時代に検体から感染するという事故はありませんでした。

    近所の小学校に住民健診が来たので覘いてみました。
    元同僚の保健師がいました。
    障害者手帳を見せ、パワハラが酷過ぎて、
    精神に治療不可能な後遺症が出たことにしておきました。

    1. 孤高の童貞 より:

      医療従事者の方は排泄物に対して耐性がありますよね。
      まぁ慣れるしかないんでしょうが・・・。
      血液は確かに危険ですね。
      エイズとか肝炎系が特に怖いです・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。