発達障害の診断に必要な知能検査を受けました【WAIS-Ⅳ】

先日ついにメンクリで発達障害かどうかを調べる為の知能検査を受けてきました!

僕は最初の問診票で『生き辛さを感じていてその原因が発達障害であるという疑いを持っているのでWAIS検査を希望します』と書きました。

希望通り、WAIS-Ⅳによる検査でした!

診察時間は2時間あったのですが最初の40分ぐらいは心理士さんとのカウンセリングでした。

通知簿の内容も確認していただきました。

そして学生時代どういう子供だったのか、今現在困っている事などをお話しました。

心理士さんは若い男性の方だったんですがとても物腰が柔らかく安心して話す事が出来ました。

いよいよWAIS-Ⅳ知能検査が始まる

そしてカウンセリングの後はいよいよWAIS-Ⅳ知能検査です!

このWAIS検査はトータルIQだけではなく

『言語理解』『知覚推理』『ワーキングメモリー』『処理速度』といった細分化されたIQを調べる事が出来る優れものです。

普通の人はこれらの能力が満遍なく発達していますが発達障害の人の場合、特定の能力が突出して高かったり、逆に極めて低かったりする事が多いんだとか。

知能検査はペーパー試験的なイメージを持っていたのですが

最初は絵柄の書かれた積み木を並べて例の絵と同じ模様を完成させると言ったものでした。

正直、全く予想してなかったです(笑)

でもこれがやってみると楽しいんですよね。

最初は簡単なんですけど途中から使う積み木の数も増えて模様も複雑になってくるんですよ。

なので一番最後の問題は出来ませんでした😅

あと図形を使った検査が多かったですね。

これもクイズ感覚で楽しめました。

言葉の意味を説明するという検査もありました。

これが意外と難しいんですよね。

いつも何気なく使っている言葉ですが

いざ意味を説明して下さいと言われるとサッと答えられないものなんだなと。

まぁこんな感じで最初の内は楽しめていたんですが

数字を使った検査は苦痛でした(;´Д`)

心理士さんが言った数字を覚えて復唱したり

文章問題を聞いてそれを暗算して答えるみたいなやつがあったんですが

暗算は苦手で解くまでに滅茶苦茶時間がかかりました。

この事からワーキングメモリーと処理速度の能力が弱いと予想します。

でも限られた時間の中でどれだけ多くの間違いを見つけられるかという試験は心理士さんも驚く様なスピードで出来たんですよね。

単純に処理速度と言っても得手不得手がありそうです。

検査の残りは次回に持ち越し

元々この検査は2回に分けて行われる予定で

案の定、時間内に検査は終わらなかったので残りは1月末にやる予定です。

ただ、全体の75%程まで進んだらしいので2回目は気楽に出来そうです。

そして検査の結果を精査するのに1ヶ月程かかるらしいので

発達障害か否かの結果が分かるのは2月末~3月頭ぐらいになりそうです。

WAIS-Ⅳの結果はブログやYoutubeで発表する予定です。

生き辛さを抱えている方や自分が発達障害かもしれないと疑っている方の参考になれば幸いです。

 

WAIS-Ⅳ知能検査・検査詳細(外部サイト)

発達障害の診断に必要な知能検査を受けました【WAIS-Ⅳ】” に対して4件のコメントがあります。

  1. 同定 より:

    もし発達障害だと診断されたら薬とか飲みますか?

    1. 孤高の童貞 より:

      薬は先生と相談して決めようと思っています。
      精神薬は人によって合う合わないがあるみたいなので。

  2. 匿名 より:

    おれ、ADHD多動気味なんやけど
    この試験?て病院でうけんの?
    発達気味やけど通院はしてないんだわ。
    試験料はいくらなのかな?

    1. 孤高の童貞 より:

      WAIS-Ⅳはメンタルクリニックで受けられます。
      ただ、先生が診察して検査の必要ありだと判断した場合です。
      検査自体の値段は分かりませんが僕の場合、初診+検査2回で8000円程でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です